top of page

由布川峡谷”叫喚”の15m滝下降コース

Updated: Dec 26, 2023


あっ、タイトルに叫喚って入れちゃったけど、そこまでじゃないなー・・・。

普通の声量で絶句か「うそっ」「やばいよっ」って声漏れるって程度かなぁ。訂正してお知らせいたします。

 じゃあタイトルから叫喚外せよって事かもだけど・・・。いいじゃないの、使いたかったのよ 「叫喚」 


阿鼻叫喚とは、人々が苦しみ泣き叫ぶような、非常にむごたらしい状態

 叫喚とは、大声で叫びわめくこと。

意味はネットより拝借しました。

 

何が叫喚か? んーー、15m滝の上から由布川峡谷を、見渡し・見下ろしした時ですよ、やっぱ。色んな感想やら感慨やら走馬灯やら、人それぞれだとは思うんだけど、一様に皆やっぱり声出てるよね、ソコに、滝上に佇んだ時ね。


 そんな、この15m滝下降コース。6年振りの復活となりました。

6年間休止してた理由はですね、興味なかったら読み飛ばせるように、ブログ下部に書きますね。


 復活なのだけど、以前とはツアー内容を変えた部分があるのです。

①お客さんが、もうちょっと余力を残してツアーを終われないか?

②ツアー時間が長過ぎじゃない?

の2点を改善したくて。


①リバーチューブの導入!正確にはスノーチューブを川で流用。

ワタシ南国育ちでスキー場とか行ったこと1度しか無いのね、しかも大分県のスキー場。だからよく分からんけど、スノーチューブってのに乗ってゲレンデを滑るのはメジャーな遊び? スノーチューブが由布川のツアーに丁度良いので、使ってます。

 チューブに乗って、浮いて移動すれば歩きが減らせる。歩きが減った分体力的な温存になる。深い場所での泳ぎが減る、泳ぎが減ったらこれも体力の温存になるし、寒くなりにくい。実際、水温がまだまだ低い4月に由布川に入っても全然寒くならない。手は冷たいから手袋は必要だけどね。


②大人数だとツアー時間が長くなる。だから、少人数にして、いっその事、貸切ツアー・プライベートツアーにした。これでツアー時間が長くなり過ぎるのを防ごっと。

 2人参加の場合だと一人あたりの単価は高くなっちゃうけど、貸切だから!!。ごめんなさいね。

 でも貸切ツアーだからホテルとか駅とかへ、お迎えに行けるようになった。

(送迎エリアは、別府市・由布市・大分市市街地です)

前は現地集合のみだった。だって予約が複数組だと、お迎え行くのは難しい。全組が狭いエリアに宿泊してくれてれば良いけどさ、そんな事ありえないですよね。

送迎付きになった事は、お客様にも有難いと思ってもらえるんじゃないかなぁ。


 行き帰りの車の中で、色々お話しながら送迎時間を過ごすのは、とても楽しい時間だしね。


 ただし、これから先ずーっとこの由布川のツアーやるかは確定じゃないです。大雨で由布川の状況が変わるかもだし、ワタシの体力(いつまでも若くない・・・)と情熱がどっかで限界に達するかもだし・・・・。


 とりあえず、7月半ば迄は、予約が入ればやりますよ。その後、夏休み期間は催行無し(藤河内渓谷のキャニオニングツアーに掛かりきり)だけど、9月頃から再開予定、で、2023年シーズンはやってみるつもりです。

 多分、ワタシが今後このツアーやめたら、誰もやらない幻のツアーになってしまうんで、ワタシがツアーやる気がある内に参加して下さいね。「いつまでも・あると思うな・親のスネ」じゃないけどね。体験できる時に体験しましょう。肉眼で見れる時に肉眼で見ましょう。そして、自分の携帯電話に宝物の映像を残しましょう! ですね。

そう簡単には出会えない景色を、あなたはどう見る? どう感じる? どう作る? スマホを持ってきて良いよ、でも首から紐でぶら下げてね、落としたら壊れるか回収不能になるからね。


来年は? 未定です。


ツアー内容の詳細は、下記をタップ

由布川峡谷 15m滝 下降コース で確認して下さいね。



由布川15m滝下降コース、6年間休止してた理由はですね。

1)由布川って両岸が切り立ったゴルジュ。高さ60mとかある。だから峡谷の下部に降りる階段が極端に少ない。階段が川の増水とか、落石とかで壊れたりして、復旧に時間もお金も掛かる。椿入り口って別府市側にある入渓階段は、何度か落石で通行止めと復旧を繰り返して、もう現在は別府市さん的には「通行止めのままでいいじゃない」と思ってる気配が濃厚で、もうずーっっと通行止めです。

2)由布市側の猿渡入渓口は、きっと2016年の大地震の影響あると思うけど、2016年に地震で岸に亀裂が入って、2017年の大雨で階段付近の岸が崩落。観光客が峡谷内に降りれる階段が由布川峡谷から一つも無くなった。階段が無かったら、どんなに魅力的な峡谷の風景を持ってようと、そんな景色を愛でたくても、無理ですよね~。

地元の要望を受けて、大分県や由布市・別府市が協議・協力してくれて、以前階段があった場所とは別の場所に、壊れる要素をできるだけ除いた形で、階段を新設して下さった! のが2021年の春。

3)ちょうど、ユフイズムさんの由布川峡谷のパックラフトツアーの企画・立ち上げに関わってたので、そちらが軌道に乗るまでは・・・、と思ってた。


そんなんで、6年間、由布川峡谷15m滝下降コースはやってなかったんですが、この度、こそーっと復活してみました。

ご予約頂いて、既にご案内したんですが、ご予約下さったのは以前に同じコースを体験した事のあるリピーター様でして。「もっかいあの景色見たい!!連れてって!!」って事でした。

そんな事言われて、ワタシ・・・涙・・・出マス。

ツアー終わって、駅まで送って、別れる時に、「グッ!!」と熱い握手を交わしたもんね。万感の眼差し嬉しかったです。「こちらこそ、ガイドさせて頂いて、ありがとうございました。」


文章ばかりのブログになってしまって、ごめんなさい 汗

最後までお読みいただき、ありがとうございました。フランクな言葉使いもごめんなさいね。すみません。


由布川峡谷の美しさをユーチューブに残してます


由布川峡谷キャニオニングの詳細は


ご予約は

0 comments

Recent Posts

See All

ความคิดเห็น


ปิดการแสดงความคิดเห็น
bottom of page