パックラフト・スクール

パックラフト(packraft)とは?

見た目は昔から有るダッキー(インフレータブル カヤック)に似ています。パックラフトもダッキーも、空気を入れて膨らます事から、どちらもインフレータブル カヤックの一種に含まれます。ただ、大きく違う点もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ダッキーは、カヤックと同じフィールドをダウンリバーする事を目的に作られたフネですので、それなりの急流(例えば球磨川のラフティングコース等)での使用に耐えうる、構造や高い強度を持っています。大きめの三角波を漕ぎ越える時、よれたり曲がったりすると沈や脱艇する原因になるので、そうならない為の分厚い材質と、メーカーによってはバーストを防ぐ為の二重構造を持っています。私の感覚としては、球磨川で漕いで、よれる・曲がるダッキーは ”使えないダッキー” だと思っています。なので、重くても強度の高いダッキーは ”良いダッキー” です。河原に車を停めて、ダッキーをすぐに川に浮かべられる状況であれば、20kgのダッキーの重さは苦になりません。

では、車から歩いて30分の場所にダッキーを持って行けるか? 持って行けなくもないけど、スタート時点で既に疲れ果て、楽しい川下りは想像出来ないですね。

 さて、パックラフトですが、これが軽い!! だいたいどのメーカーも重さ約3kgのパックラフトが主流です。3kgなら30分の山道もへっちゃらです。強度を落として軽さに特化したインフレータブル カヤックです。川が目の前にあるインスタントな場所なら、カヤックやダッキーやパックラフトという選択肢のどれかを選べますけれど、例えば山頂近くの火口湖で漕ぐならパックラフト一択です。それとか急斜面を10分も下りて行かないとエントリー出来ない川も、川の難易グレードが低ければパックラフト一択です。ただし、軽さが魅力のパックラフトはポーテージ(フネを担いで迂回する事)もラクです。

 水量が豊富で波が高い川はパックラフトとの相性が悪い川です。もし球磨川なら、流水艇でセルフベイラータイプを選択しますね。それでも ”よれて・曲がって” 思うようにコントロール出来ないでしょうけど・・・。強度が弱いですからね。

 頻繁にフネを下りて、河原を歩いて、またフネに乗って、という様な、浅い川のダウンリバーなら、私はセルフベイラー無しを選択します。その方が水出しが楽だから。

 それと、パックラフトのもう一つの特徴が ”安定感抜群” です。なので初心者向きとも言えますね。きっと、軽くする為にダッキーとの差別化を図った副産物だと思うんですけど、最初乗った時「凄い安定感ある!?」って驚きました。そんなパックラフト、是非興味を持って欲しいなー・・・。

まずは動画を見て下さい。

パックラフトスクールの目標は、この動画の場所をダウンリバーする事。

 スクール1回目(1日目)で、パックラフトの用語や、パドルの扱い方、装備の講習等、川やパックラフトの基本を学びます。流れのない透明度の高い静水で漕ぐ練習をしましょう。

パックラフトやダッキーやリバーカヤックは思うように進みません。一漕ぎでフネの向きがクルクル・キョロキョロ変わるので、まずは直進できるようになりたいです。川ではこのキョロキョロしてしまうのが最大の利点なので、キョロキョロするのに慣れて、それでも直進する必要があります。安定感は高いので、静水で沈する事はありません。

 スクール2回目(2日目)で流れのある川を漕ぎましょう。流れのある場所で、流れの境目のエディラインやエディでのパックラフトの挙動を知りましょう。フェリーグライドの練習と、沈や脱艇時を想定したリカバリーの練習もあります。

 スクール3回目(3日目)で、動画の川をダウンリバーです!!!

いっぱい写真や動画を撮りながら、ワイワイとパックラフトでダウンリバーしましょう!!

※何かしらフネを漕いだ経験があり、上達が早ければスクール2回目(2日目)で動画の川に行けるかもしれません。

※NOKOGIRI DANIは、水量が少ないとダウンリバー出来なくなります。

 

さらにさらに上達していけば、違った川にも漕ぎに行きましょう。台湾遠征とかww

どんどん漕げる川を開拓していく積りでいますんでね。

パックラフト・スクール

Copyright  2018-  OTTER All Rights Reserved.